桜の通り抜け 造幣局

大阪で有名な桜スポット、にぎわいのある造幣局



桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

大阪を代表する桜スポットということもあって人の多さはかなりのものでした。人の中には 造幣局の桜を慣れている方もたくさんいてるのを感じました。造幣局の桜の楽しみ方を よくわかっているようでした。写真を撮る方は一心不乱に桜の写真を撮っていました。 外国人も多かったです。いろんな国からこの少しの時期の桜を見にきていたようです。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

大阪天満宮の駅を降りるとすぐに造幣局の方の看板がありました。間違わずに造幣局の方へ行けました。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

駅から外に出て、造幣局まで少し距離があって、高層のビルが立ち並ぶ中、造幣局へ行くのは けっこう至難かもしれません。そしたら造幣局へ行く看板がまた、ありました。この方向へ行くと 桜が見えてきました。「着いた」と思ったらまだ、でした。でも、その辺りまで行くと雰囲気で 人の続く方向へ行くと造幣局に到着しました。今回はたまたま、造幣局の入り口でしたが入り口と 出口に別けられていて、一方通行でした。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

これが造幣局に近づいてきた雰囲気の道です。この桜の続く道を歩いていくと造幣局に到着しました。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

造幣局へ続く、道の桜道です。桜だらけの景色が広がっていました。今年一番の桜を見たかもしれません。

桜の通り抜け 造幣局

笹部桜 造幣局

造幣局の中の桜には桜の種類が一つ、一つ名前が書いてありました。桜のコレクションのように いろんな桜があるようです。

桜の通り抜け 造幣局

静香 造幣局

わりと丁寧に桜の種類の看板があって、桜の名前の書いてある看板がたくさんおいてありました。

桜の通り抜け 造幣局

永源寺 造幣局

桜もいろいろでした。白い桜もたくさんもありました。確か、この桜は永源寺というお寺で 咲いていたので、そのままそのお寺の名前がついたとかでした。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

桜の木だけかわかりませんが、木のところどころに書かれた詩。この雰囲気も風流なのかもしれません。

桜の通り抜け 造幣局

松前 造幣局

桜の看板、灯篭、詩の短冊と3つのある木を見つけました。桜の名前は松前とかかれていました。 こんな看板、灯篭、短冊の3つのある木もわりとたくさんありましたが、人が多いので通り過ぎながら 見ていくという感じでした。

桜の通り抜け 造幣局

松前 造幣局

確か、松前の桜だったと思います。下の方はまだ、咲いてない桜が多かったですが、上の方を見ると けっこうたくさん花の咲いた木が多かったです。行った時は満開という感じはしませんでしたが、わりと 桜も咲いていて、けっこう満喫できました。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

造幣局の通り抜けを進んでいくと中門が見えてきました。造幣局の真ん中くらいに中門があるみたいに 感じましたが、けっこう終わりの方だったかもしれません。ここが見えてきたら桜の通り抜けも終わりの ような気がします。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

造幣局博物館が見えてきました。この通り抜けの日はしまっていましたが、またの機会にこれたら きてみようと思います。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

桜とレンガと器具が造幣局博物館にありました、雰囲気があるので、写真に撮ってみました。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

誰か覚えてません。詳しく、見ていません。たぶん、造幣局を作った人みたい感じだったと思います。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

造幣局の入り口です。桜の通り抜けでは出口でした。

桜の通り抜け 造幣局

桜の通り抜け 造幣局

造幣局の印は桜でした。造幣局の壁にこの印が続いていました。

桜の通り抜け 造幣局

大塩平八郎の乱の石碑

歴史でお馴染みの大塩平八郎の乱の石碑が造幣局近くにありました。

桜の通り抜け 造幣局

近畿

大阪、京都、奈良などのある地域。

中部

豪華な名古屋のある地域

九州

食、観光とたくさんある地域